ジャムウハーブって?

ジャムウハーブって、ハーブと付くくらいなのでハーブかな?と思いますが、実際はなんなんでしょうか?

 

ジャムウハーブは、インドネシアの植物からできているんです。
インドのアーユルヴェーダは聞いたことがあると思いますが、そのアーユルヴェーダがインドネシアに伝わった時にそのアーユルヴェーダを元に作られたのがジャムウなんです((@^ェ^@))

 

なんでジャムウって言うの?

なぜジャムウと言うかですが、このジャムウはサンスクリット語の『japa』から来ています。
このjapaは、「呪文」「魔法」「祈祷」等の意味があるので、魔法の薬と言ったところでしょうか?

 

今でも、ジャムウはインドネシアで母から子へと語り継がれたり、その場で飲むことができる「ジャムウスタンド」なんてものもあるようです。

 

この「ジャムウスタンド」では、もちろん黒ずみや臭いを消すわけではなく、いわゆる漢方薬のような役割で、疲労回復だったり、のどの炎症を抑えるであったりと、その人に合ったジャムウが売っているようです。

 

レシピはもちろん企業秘密。
そのジャムウスタンド独自の配合。そしてその店主の味覚だったり、経験値だったりでつくられているんだとか。

 

長い歴史の中で育ってきたジャムウだからこそ、色々な症状に魔法の様に効くのかもしれません。

女性に特化した効果とかがある!?

ジャムウは疲労回復等にも効果があるのですが、よく聞くジャムウは女性のデリケートな部分に使用するというジャムウ石鹸等がよく知られていると思います。

 

バストや陰部といったデリケートゾーンに使用するものだからこそ、天然素材でお肌に優しいのに今まで長い歴史があって信頼できる。

 

だからこそ、日本に臭いや黒ずみ用のデリケートゾーン専用石鹸として広まったのではないでしょうか?

 

ジャムウ石鹸の効果と、日本の技術で作った黒ずみ用の美白クリーム等の効果、自分に合ったものを見つけることで、今の悩みが解決できるかもしれません。